親の借金を引継ぎたくない

相続では、一身専属的な権利義務は除き、借金も含めて死亡した人が所有していたすべての権利義務を包括的に引継ぎます。
親が死亡した場合は、子供は必ず相続人になりますが、親の借金を引継ぎたくないというケースもあると思います。もしも、負の財産よりもプラスの財産のほうが多い場合には、プラスの財産だけを受け取るようなことはできません。その場合には、プラスの財産の中から借金の返済にあてましょう。
マイナスの財産のほうが大きい場合や、プラスになるのかマイナスになるのかわからないという場合には、「限定承認」という制度を利用するとよいでしょう。例えば、貯金が500万円、不動産が1000万円、負債が2000万円ある場合には、限定承認をすると、500万円の貯金と、1000万円の不動産、そして負債は1500万円を引継ぎ、超過した分の500万円の負債については引継ぐことを放棄できます。
マイナスの財産のほうが大きい場合や、親がだれかの連帯保証人になっていて、多額の借金を負うリスクがある場合などには、「相続放棄」という方法が使えます。「相続放棄」をすると、そもそも「相続人ではない」ことになり、すべての権利義務を引継ぐことがないうえ、相続に関するすべての手続きに関わることもなくなります。
「限定承認」も「相続放棄」も相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届け出なければならないことに注意をしましょう。