家族が死亡。その時に借金が判明したが、返済する必要ない?

家族の借金は、相続によって受け継いでいる可能性があります

遺産相続では、相続人は死亡した人のすべての権利義務を包括的に承継するということになっています。ただし一身専属的な権利義務は除きます。そのため、借金などの負の財産も一緒に受け継いでしまいます。死亡した人が誰かの保証人・連帯保証人になっていた場合には、その地位までも相続してしまいます。借金はその人自身のものであるので、家族だからといって、かわりに返済する義務はありませんが、相続をした場合には全く別の問題となり、被相続人の地位をそのまま受け継いでしまい、あたかもあなたがお金を借りているのと同じ状態になってしまいます。相続人となるのは、死亡した人の配偶者とその子供です。子供がいない場合には親が、親もいない場合には兄弟が相続人になります。配偶者と子供1人であれば、1対1の割合で財産を受け継ぎますが、借金についても同じ割合で分割されます。結論として、あなたが相続人になっていないのであれば、借金を返済する必要はありませんが、相続人になっている場合には、借金の返済義務が生じます。家族が死亡して、あなたが相続人になっている場合には、借金の有無や、だれかの連帯保証人になっていないかなどをしっかりと調べる必要があります。調べることをせずに、後になってから借金があることが判明しても、「相続放棄」をすることもできなくなります。

負の財産があっても、プラスの財産のほうが多いのであれば、プラスの財産から借金を返済してしまえば問題ありません。

プラスの財産が土地や不動産などで、すぐにお金に変えて返済することができないのであれば、「限定承認」という方法がとれます。「限定承認」をすると、プラスの財産よりもマイナスの財産のほうが大きい場合には、その差額の分の負債を放棄し、プラスの財産の方が大きいのなら、その差額を財産として受け取ることができる制度です。「限定承認」をするには、単独ではできず、相続人全員で家庭裁判所に届け出る必要があります。負の財産のほうが大きい場合や、連帯保証人などになっていて多額の借金を背負うことになる可能性がある場合には、「相続放棄」という方法がとれます。「相続放棄」をすると「相続人ではない」と扱われ、財産を受け取らないことはもちろん、以後相続に関する一切のことに関わらずにすむようになります。「限定承認」や「相続放棄」の注意点として、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をする必要があるということです。3ヶ月を過ぎてしまうと、もう「相続放棄」はできなくなり、後になって多額の負債があったことが判明しても、返済義務から逃れることができなくなります。

未分類

Posted by wp032


PAGE TOP